えぼんぬの仮想通貨で一発あてたい!

30代の投資初心者が暗号通貨(仮想通貨)で右往左往する奮闘記です。XRPを信じて、ETHやLSK、XEM、その他草も含めたアルトコインを勉強しながら時々摘んでいきます。

乗るしか無いこのビッグウェーブに!

どうもみなさんこんにちは、えぼんぬです。

休日は家族の時間、ということで土日はチャート眺めたりTwitterのTLを読み流ししてるだけですぎていきました。

焦って売り買いして何度も痛い目見たので、テンションだけで売買してしまわないようログインもしていませんでした。

 

 

さて、ということで、現在の資産状況はこんな感じ。

--------------------------------------------

【所持通貨(6/19 12:00現在)】

 [coincheck] 2.1BTC (52万円) →  2.1BTC(60万円)

  Ripple:20000 XRP(変化なし)

  NEM:44 XEM  (変化なし)

f:id:ebonnnnn:20170619144636p:plain

 

 [Poloniex] 1.89 BTC → 1.43 BTC($3,685 USD)

   Litecoin:77.2 LTC   →  売却 

     Ripple:9431 XRP  → 売却

        (New!!)Ethereum:10.1ETH

f:id:ebonnnnn:20170619144343p:plain

 

--------------------------------------------

 

CCは相変わらず、 XRPが28~33円あたりで底値切り上げながら推移しているみたいですが、大きな変化はなしですね。売買も基本しないですし。

 

Poloの方は、LTCが予定通り伸びてきたところで+20%程度で利確、XRPがダラダラさがりそうだったので-5%程度で損切りして+0.3BTC程度でした。

 

その後は、6/20に開示予定のICOStatusに向けて一旦すべてをETHに変更したところです。TLでここのところ熱く盛り上がっていたので、初心者の私もお金の匂いを感じていそいそと首を突っ込んでみることに。

 

さて、このStatus、というかICOとはそもそも一体何なんでしょう?

 

ICOとは?

ICOとは、暗号通貨界隈でのIPOのようなものです!

 

 

仮想通貨を使った新たなサービス、ビジネスを始めたい、

そんなビジネスで使う既存の仮想通貨を元にした新しい独自通貨(トークン)を広めたい、

 

 

そんなとき、その通貨ないしトークンを取引所に上場させる前に投資家に発行、プレセールすることをICOとよびます!

 

当然、そのビジネスモデルやサービス内容に魅力があれば、お金がわんさか集まりますし、事前発行されたトークンの価値も上場後は希少価値にあわせてどんどん騰がっていきます。

※仮想通貨、トークンには多くの場合発行上限が設定されているため 。

 

②Statusとは?

Statusを知るには、まずそのwhitepaperを読んでみるのが一番!

ということで、早速和訳してくださった神様がいらっしゃるので、そちらを購入させていただき参考にしました。

note.mu

 

「Statusはオープンソースのメッセージングプラットフォームであり、イーサリアムネットワーク上で稼働している分散型アプリケーションにアクセスするためのモバイルインターフェースでもあります。」

 

うん、なんのこっちゃ σ(*´∀`*)

 

読んではみたのですが、ふんわりざっくりとした内容になっていて正直つかめず。

メッセージアプリを通じて、サービスのやりとりや情報の発信を個々人、企業間でより直接的につなげていこうってところでしょうか。

 

しかし、SNT(トークン)がどうして必要になるのかがちょっとわかりません。

ETHそのまま使っちゃってもよくない?と思ったのですが、機能拡張を考えると独自トークンで管理するのがいいんですかね。

 

 

Statusについては、大型ICOということで先達が様々解説してくださってます。

以下、ご参考ください。

xarataxnp.com

 

coin.y-temp4.com

 

私は今回ありったけのETHをつぎ込んで勝負してみようかと思っているのですが、

いかんせんスタートダッシュ遅れると買えない可能性が。

 

そして、内容が自分で読んでみてふわっとしてるだけに、トバないかも実際心配です。

とは言え10倍チャンスがあるのもまた事実!

投資は自己責任でリスク背負って飛び込んでみましょうか。

 

status.im

 

ではでは、また明日。

 

 

えぼ